<< 深夜の「クレイジージャーニー」という番組が面白い。 | main | 【低学年向け読書におすすめ!】どんな事件もププッと解決!『おしりたんてい』 >>

映画『君の名は。』を観て余韻に浸る。

こんにちは、巷で評判の映画『君の名は。』を観てきました。
 

映画ってあまり見に行かないのですが世間で大絶賛されていることもあって、家族に誘われ映画館で観てきましたよ。

 

ネット検索するとプロからアマチュアまで、沢山の方が『君の名は。』について書いてますので、特別映画好きではない私が素人目線で感じた『君の名は。』の感想です。

 

とにかく今年一番との評判で世間を騒がせている映画なので知らない人はいないのでは!?といった感じですが簡単に映画のご紹介。

 


 

スポンサーリンク

 

 

 

 

STORY

 

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。

 

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。

 

町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。

 

小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、 都会への憧れを強くするばかり。

 

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」 そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。

 

見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。

 

念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

 

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。

 

行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

 

繰り返される不思議な夢。

 

そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。二人は気付く。

 

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

 

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。

 

残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。

 

しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。

 

入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。

 

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」 辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた……。

 

出会うことのない二人の出逢い。

 

運命の歯車が、いま動き出す

 

映画『君の名は。』公式サイトより引用 http://www.kiminona.com/

 

 

 

映画『君の名は。』が観客動員ランキングにおいて、公開週から前週末までで8週間連続の首位を獲得していることがわかった。

 

なお、興行収入は150億円を超え、邦画の中では『崖の上のポニョ』以来、8年ぶりの快挙となる。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161019-00150176-rorock-musi より引用

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

まぁかなりの大ヒットとなってるようです。

 

今回、鑑賞にあたっては公式サイトはもちろんのこと、『君の名は。』について書かれたブログなど一切読まず事前知識なしでのぞみました。

 

「大ヒットしている映画でリピーターが多いらしい」

 

この程度のざっくりとした知識だけ持っていました。

 

 

最初は「男女が入れ替わっちゃうやつね・・・」みたいな感じで見ていましたが、入れ替わりがなくなってしまった後からの展開に引き込まれました。

 

正直言って、「超感動した!」とか「超泣けました!」とかまったくありませんでした。

 

私の感情は終始ほぼフラットをキープ(笑)

 

 

つまらなかった?

 

 

いえいえ、そんなことはありません。

 

 

私的な感想、『君の名は。』は感動するとかではなく、観終わった後の余韻が凄いんです。

 

 

余韻とは調べてみると

 

 

鐘をついた時などの、あとに残る響き。転じて、あとに残る味わい。言外の余情。

 

 

とありますが、まさにあとに残る響き、味わいが半端じゃありません。

 

味わい深く、噛み締めたいという感じ。

 

観終わった後に『君の名は。』の世界に引き込まれてたんだなぁって感覚なんです。

 

この余韻ですが、翌日も続きまして、1日中頭の中でRADWIMPSの曲が流れてました(笑)

 

 

 

この映画はフィクション、ファンタジーです。

 

現実ではあり得ない話ですが、なんというか運命みたいなものを信じたくなるそんな映画でした。

 

この余韻が「もう1度観たいっ!」と強く思わせるんですね。

 

 

 

まとめ(映画のストーリー以外の感想。)

 

・主人公である東京の男子高校生、立花瀧の声優が上手だなと思って観ていたんですが終わってビックリ、神木隆之介がやっていました。子役からやってる俳優って印象でしたが、凄い才能のある俳優なんですね。あと、立花瀧のバイト先の先輩である奥寺ミキ(奥寺先輩)を長澤まさみだった事もまったく気付かづに観ていました。

 

・作品を通して思ったのが風景がもの凄くきれいに描かれています。主人公の瀧が生活する東京、三葉が生活する山深い田舎町どちらもリアルできれいです。都会の人混みまでがきれいに感じました。聖地巡礼したくなる気持ちもわかります。

 

・そして最後に、音楽が良いんですよ。RADWIMPSが最高にはまってます。 RADWIMPSの音楽なしでは『君の名は。』の世界観は魅力半減しちゃうかもしれませんね。 現在、ヘビロテ中です。

 

 

私生活 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://blog.takanawakodo.com/trackback/100
Trackback