<< 映画『君の名は。』を観て余韻に浸る。 | main | ドコモから楽天モバイルに乗り換えから半年で感じたメリットとデメリット >>

【低学年向け読書におすすめ!】どんな事件もププッと解決!『おしりたんてい』

こんにちは、先月に小学校で読書月間というものがありました。

 

我が家の子供は小学1年生なので初めての読書月間です。

 

図書の時間に自分で図書室で本を選んで読んでいるようでしたが、家でも読む本が必要だという事になり本を買いに行きました。

 

本屋で本を選んでいる時に思ったんですが、小1の子供にどのレベルの本を薦めてあげたらいいのかわからないんですよ。

 

今回はうちの子がテレビを見るよりも読みたくなるほどはまってしまった本をみつけたのでご紹介します!


 

 

スポンサーリンク

 

 


その本のタイトルは『おしりたんてい』です。

 

タイトルからして子供が大好きな下ネタ的なにおいがプンプンしてますよね。 この『おしりたんてい』を見つけた瞬間、「これにするっ!」と即決でした。

 

ジャケ買い?表紙買い?とにかく凄い勢いでしたよ。

 

おしりたんていの口癖は「ふーむ、においますね。」です(笑)

 

 

内容紹介

 

絵本で人気の「おしりたんてい」に、 小学校低学年向け幼年童話が加わりました! あらゆる事件を「フーム、においますね」とかぎ分ける おしりたんていと、おっちょこちょいの助手犬ブラウンの二人組が、 どんな事件もププッ! と解決していきます。

 

そんなある日、探偵事務所に全身むらさき色の あやしい依頼人がやってきて……。

 

レディーに優しく、 推理がキレキレ 見た目がおしり…… の、おしりたんていが活躍する、 なぞときあり、迷路あり、絵探しありの 遊び心満載、スカッと笑える幼年童話です。

 

おしりたんてい ふめつの せっとうだん (おしりたんていファイル) より引用

 

 

 

紹介動画がこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回本を探していて小学1年生にどんな本を薦めてあげたらいいのかが正直わかりませんでした。

 

読んでほしいなと思う本は「まだちょっと理解できないかな」とか「字が多すぎるかな」とか中々難しいですよね。

 

子供も本屋に行くと本が沢山あり過ぎてどっから探して良いかわからないみたいな感じでした。

 

そんな時にみつけたのが『おしりたんてい』です。 人気があるようでディスプレイされていました。

 

結果的に思ったのが、読書が楽しいと思うのが1番大事なんじゃないかなと言う事。

 

あんまり難しい本を薦めて読書に対して苦手意識が出来てしまったら良くないですし。

 

おしりたんていは自分から読んでますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

 


 

この『おしりたんてい』ですが、初めは絵本シリーズだったそうな。

 

満を持しての単行本となったようで、現在単行本シリーズは第3弾まで発売されています。

 

カバーを外すと裏が間違い探しになっていて楽しめます。

 

お話も2話入っていてお得感あり!

 

物語の中、絵の中にも小ネタ満載で大人が読んでもププッとなってしまいますよ!

 

 

 

JUGEMテーマ:小学生に読ませたい本

 



私ごとですが「初心者向けのホームページ運営サポート」始めました!

 

 


 

スポンサーリンク
子育て | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://blog.takanawakodo.com/trackback/101
Trackback