<< 木下大サーカスの武蔵村山公演に行ってきた! | main | ブルーノミニベロ20パンク純正タイヤ交換コスパ最強メーカーはこれ! >>

【会社創業】会計ソフトは弥生かクラウド会計freeか

こんにちは!

先月が会社の決算でした。

決算ってやらなければいけない事が結構ありますよね!?

そろそろ年度末で申告時期がやってきますよ。

 

このブログにはAmazon、ECキューブというキーワードでたどり着いてる方が多いようですが、自営業でネット販売してるとか、WEB関係の仕事をフリーランスでやってる方々は会計ソフトは何を使ってますか?

 

実は会計ソフトって何がいいのかと迷っています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 インストール版の弥生会計を税理士に勧められて購入 

 

私は現在、弥生会計を使ってます。(家電量販店でソフトを買いました。)

 

弥生会計は起業した時に顧問契約した税理士法人(今は違う所ですが)で買うように言われたから使ってますが正直これで良かったのかなと(笑)

会社の方は、2期目が終わり3期目に入り、私が会計を担当するようになってからは約1年が経ちました。

1年間使用してみて、弥生会計の使い勝手は可もなく不可もなくといったところ。


他の会計ソフトを使った事がないので比較ができませんから良いのか悪いのかはなんとも言えないのです。

ただ、会計をやるようになって少しだけ簿記の本を読んだりセミナーに行ってみてわかったことは会計ソフトが登場する以前の会計って凄い大変だったろうなと手書きですもんね。

会計ソフトが世に出た事で税理士の必要性ってかなりうすれたんじゃないかぁと・・・  ←余計なお世話

まぁそれぐらい会計ソフトは自営業者、フリーランスの人含め事業を行う上ではなくてはならないものなのです。

私が会計を担当するようになってまず読んだ本があります。

試算表の見かたが1度読んだだけでなんとなくわかる様になりました。

 

経理業務で解らない事があったらまた開いて読むという使い方ができる良書です。


読んだ後、税理士法人の担当者(パートの記帳係)との打ち合わせでは本から得た知識のお陰で効果を発揮。

それぐらい為になりわかりやすかったです。

 

この本はおススメです。

 

 

 

 

 インストール版の弥生会計は割高!? 

 

最初にソフトを結構な価格で購入するわけですが、それで終わりではなくその後も毎年当たり前のように年間で費用が掛かります。

 

使用する弥生シリーズの製品によって年間費用が変わってきますが、安心保守サポートといって基本的にプランは2つ。

 

ベーシックトータルがあります。

 

私が使用しているのは弥生スタンダードでベーシックプランなので年間32,400円掛かっています。

 

弥生公式:http://yayoi-k.jp/support/

 

 

正直、高いなぁと感じていますが、安心保守サポートに入らないとバージョンアップなどが受けられない為、使用していく事は 困難極まりないわけです。

 

とはいえ、弥生会計といえば会計ソフトの元祖、メジャーリーガー的なイメージがありますので安心を買うという意味では仕方がないのかも。

 

弥生であればどこの税理士に見て貰えることは大きなメリットです。

 

そんな弥生もクラウドサービスやってますね。

 

今から始めるならインストール版よりもクラウドの方が良いでしょう。

やよいの青色申告オンライン

 

 

 私が気になっているクラウド会計ソフトがこちら 

 

全自動のクラウド会計ソフト

 

気になる理由は年間コストが安い!

 

これにつきますね。

 

個人事業主プランで年額9,800円、法人プランでも年額19,800円です。

 

弥生に比べ年間で10,000円以上安いですね。

 

う〜ん、気になるっ!

 

ということで、実は去年から顧問税理士さんに相談していました。

 

税理士が言うには今、クラウド会計に変える顧客が増加傾向とのこと。

 

クラウドのメリットは税理士さんのPCからログインして作業ができるので何かあった時にすぐに対応できるという事ですね。

 

例えば、電話で「では次回の訪問時に見ましょう」なんて言ってたのが、「ちょっと今見てみましょうか」ってな感じに変わって しまうのです。

 

デメリットととまでは言えませんが、少し前まではクラウドだと少し動きが重いなんて声もあったそうです。

 

重さはかなり解消されています。使用していても気になりません。(2017/7/16追記)

 

 

顧問税理士さんの所にfreee を使用する 顧客がいるそうなのでまた使い勝手聞かせてもらうことになっています。

 

freeeは簿記がわからない人でもできる会計ソフトと謳ってます。

 

逆に言えば弥生を使っていて簿記がそこそこわかる人にとっては使いづらいなんて声も少々あるようですね。

 

会計ソフトを移行するのって面倒くさそうですが、税理士さんに弥生とfreeデータ移行について聞いたところ全然難しくないそうです。

 

 

まとめ

 

消費税が来年の春には予定通りだと10%になりますのでそれまでにはクラウド会計にしようかなと思っています。

 

他の会計ソフトのこととか、何か良い情報あったら教えて下さい。

 

どちらにせよ、これから会計ソフトが必要な方はクラウドが良いと思います。

 

インストール版の場合は、まず購入するのに費用が掛かります。(アマゾンで4万円弱くらいです)

 

 

 

 

そこから年間の保守サポート代が3万円強掛かります。

 

クラウド会計だと月額費用が発生するのみなので初期費用が断然少なく済みますね。

 

やよいの青色申告オンラインをチェックしてみる

 

【会計ソフトfreee(フリー)をチェックしてみる】

 

初期費用は発生しないし、お試し無料期間が結構付いてます。

 

お試しでさわってみて自分に使いやすいものを選んでみてはいかがでしょうか!

 

 

関連記事

【クラウド会計freee】弥生会計から乗り換えて3カ月使用した感想を語ります

 


JUGEMテーマ:会計・経理・財務
 


 

「初心者向けのホームページ運営サポート」始めました!

 

スポンサーリンク
会計 | comments(0) | -
 
Comment